スタッフブログ

staff-blog

2023.12.12   スタッフブログ

心疾患に対する運動療法の効果と注意点

こんにちは、 RioToReの八幡です。今回は三大死因の1つである心疾患(冠動脈性心疾患)についての記事です。

心疾患とは、冠動脈の狭窄や閉塞により、心臓への酸素供給が不足することで引き起こされる疾患です。症状や種類によって様々な治療法がありますが、今回は一般的なアプローチ法の1つである運動療法の効果と治療について掘り下げていきます。

心疾患への運動療法の効果

 

1. 心臓機能の向上:

適切な運動は心臓の機能を改善し、血流を促進して心臓の負担を軽減する効果があります。

心疾患を持つ人が運動療法を受けている

2. 血圧のコントロール:

運動は血圧を安定させ、高血圧を改善するのに役立ちます。

心疾患を持つ高齢者が血圧を計測している

3. コレステロールの改善:

運動は善玉コレステロール(HDL)を増加させ、悪玉コレステロール(LDL)を減少させる効果があります。

心疾患を持つ高齢者がお腹の脂肪を気にしている

4. 体重管理:

運動は体重の管理に寄与し、適正な体重維持が心臓への負担を減少させます。

5. 精神的な健康:

運動はストレス軽減や気分の向上に寄与し、心理的な健康にも良い影響を与えます。

心疾患を持つ高齢者が運動に励んでいる

 

心疾患への運動療法の注意点

 

1. 医師の指示に従う:

心疾患患者は、運動を始める前に必ず医師と相談し、医師の指示に従うべきです。

心疾患を持つ高齢者が医師の指示を聞いている

2. 適切な強度と頻度:

運動の強度と頻度は個々の具体的な状態に合わせ、徐々に増減させていく必要があります。

運動の強度を調節する高齢者

3. 症状のモニタリング:

運動中に異常な症状(胸痛、息切れ、めまいなど)が現れた場合は、即座に運動を中止し、医師に連絡する必要があります。

心疾患を持つ高齢者が心臓を気にしている

4. 安全な環境:

安全な場所で運動を行い、急激な気温変化や極端な気象条件から避ける必要があります。

5. 個別の運動負荷プランの設定:

患者の健康状態や能力に応じて、個別に調整された運動負荷プランを作成することが重要です。

心疾患を持つ高齢者が運動負荷プランを作成している

心疾患患者にとっての運動療法は、専門家による評価と慎重な計画・監視により安全で効果的な治療手段となります。

 

まとめ

心疾患の運動療法は慎重に計画し、個々の患者の状態に合わせて行われる必要があります。
心疾患患者にとっての運動療法は慎重なアプローチが必要ですが、適切に行うことで心臓の健康向上や生活の質の向上が期待できます。

 

RioToReでは心疾患に特化した運動療法×独自メソッドを提供

全トレーナーが理学療法士である出張トレーニング×ボディケアRioToReでは、一人ひとりのお身体の症状に合わせたパーソナルトレーニングとボディケアをお客様のご自宅やオフィスに訪問し提供しております。

心疾患の既往歴を持つお客様も多くいらっしゃる為、セッション中はこまめに血圧や脈拍、酸素飽和度を計測し記録しております。

酸素飽和度を計測する高齢者 リハビリのセラピストが高齢者の血圧を計測している

是非一度体験を。

https://riotore.com

ページトップへ矢印